せんきょCAMPについて


せんきょCAMPとは?

せんきょCAMPは、多くの人にとって「他人ごと」になってしまっている政治や社会づくりを「自分ごと」にしていくためのオープンな対話の場です。

せんきょCAMPの目標は、みんなが「素敵!」と思える社会づくりに、みんなが参加して、そんな社会が「あたらしいあたりまえ」になることです。それを、私たちは「参加型民主主義」と読んでいます。

せんきょCAMPは全国の市民に呼びかけます。「あなたも、『対話の場』をつくろうよ!」と。カフェで、公園で、学校で、イベントで…どこでも、誰でも、どんなカタチでも、開催できます。

あなたも、友人知人、まわりの人たちを誘って、みんなが「素敵!」と思える社会づくりを、はじめてみませんか?

2012年12月23日 せんきょCAMP発起人一同

せんきょCAMPの目的

  1. 選挙への、特に若者の投票率を向上させること
  2. みんなが「素敵!」と思える社会づくりに、みんなが参加して、そんな社会が「あたらしいあたりまえ」になること
  3. 参加型民主主義を実際にカタチにしていき、日本の文化に育てていくこと

せんきょCAMPをはじめたきっかけ

若年層の投票率は非常が低い。若者の投票率を上げたい!という思いから、せんきょCAMPを始めました。

せんきょCAMPという名前の意味

良いCAMP、充実したCAMPには傍観者が一人もいません。それぞれが「素敵なCAMPにしたい」という思いを持ち、自発的に動き、それらがつながっていくものだと思います。
また、CAMPの重要なイベントは、夜のキャンプファイアでしょう。年長者、若者、女性、男性がみんな平等に、それぞれの物語を持ち寄り、語り合います。豊かな時間が、人生をも豊かにしていくのです。

そんな、対話から生まれる豊かな時間を、多くの人に感じてほしいという思いから、「せんきょCAMP」と名づけました。

せんきょCAMPのはじまり

せんきょCAMPは、2012年11月に生まれました。発起人は、greenz.jp発行人の鈴木菜央、アースガーデン代表の鈴木幸一、元内閣官房参与の田坂広志の3人です。その後、たくさんの方が参加してくださっています。

2012年11月30日に初めてのせんきょCAMPである、せんきょCAMP渋谷がオープン、
その後、2012年12月16日の衆議院議員選挙までに全国15ヶ所以上で立ち上がり、
現在も、新たな仲間が増え続けています。