市長選挙

桐生市長選挙結果2019の立候補者と開票速報|日程や情勢予想と投票率・当落情報


告示日が2019年4月14日、
投票日が2019年4月21日の
群馬県桐生市長選挙
立候補者や選挙結果についてまとめていきます。

また、当選者、落選者、投票率、選挙結果、
情勢予想、立候補者のプロフィール、
公約(マニフェスト)等がある場合は随時更新します。

群馬県桐生市長選挙2019

選挙情報
告示日 2019年4月14日
投票日 2019年4月21日
投票率 -%
前回投票率 -%
有効投票数
定員数:候補者数 1名:2名
選挙事由 任期満了
期日前投票
投票時間
投票期間
場所
リンク

立候補者・選挙結果

当落 候補者名 得票数
荒木恵司
(男/60歳/新人/無所属)
-票
伏木康雄
(男/36歳/新人/無所属)
-票





前回の立候補者・選挙結果

当落 候補者名 得票数
当選 亀山 豊文
(男/64歳/現職/無所属)
23,069票
落選 大沢 幸一
(男/71歳/新人/無所属)
21,130票
落選 相沢 たかふみ
(男/39歳/新人/無所属)
12,752票

荒木恵司氏のプロフィール

名前:荒木恵司(あらきけいじ)
性別:男
生年月日:1958年9月5日
年齢:60歳
出身地:不明
職業:群馬県議会議員
党派:無所属

荒木恵司氏は1958年9月5日
生まれの群馬県議会議員です。

地域ブランドの確立や環境保全、
観光振興、中心市街地の発展、
企業誘致や子育て支援、
人生100年計画などに
注力されているそうです。

プライベートは現在奥さんと
2人暮らしだそうですが
嫁がれた3人の娘さんが
いらっしゃるそうです。

3人のお孫さんを大切にされていて
「目に入れても痛くない(^^;)」と
仰っているほどでした。

荒木恵司さんは自身について
スポーツマンで情熱家!
と自己分析されています。

子供たちの未来を育て、
人口減少や少子化対策、
産業振興ら女性が輝く環境づくり、
くらしの安心・安全を守ること、
道路網の整備と観光の充実、
広域行政の連携、
自主・自立のまちづくり
などに重きを置きたい考えだそうです。





伏木康雄氏のプロフィール

名前:伏木康雄(ふせぎやすお)
性別:男
生年月日:1982年
年齢:36歳
出身地:群馬県桐生市
職業:桐生市議会議員
党派:無所属

伏木康雄氏は
の群馬県桐生市出身の
桐生市議会議員です。

桐生市に生まれ、
幼稚園の頃から高校まで
通して桐生市で育ったそうです。

大学は中央大学の法学部を
卒業されています。

友人と携帯電話用ホームページの
制作会社を設立したという
経験もあるのだとか。

議員の報酬を半減したり
その減らした議員報酬を
町会や自治会支援の財源
に充てるなどという考えや、
高齢者福祉の充実から
子育て支援、
医療介護福祉ロボットを
将来の基幹産業として育成し
新しい桐生市の産業を創る
ことを目標として掲げられています。





情勢予想

群馬県の東部に位置
している桐生市は、
日本を代表する機業都市であり
群馬県の郷土かるた
である上毛かるたにて
「桐生は日本の機どころ」
と詠まれているほどの
絹織物の産地です。

桐生織は京都の西陣織と
並んで称されるほど。

桐生織物会館旧館や
桐生倶楽部会館、水道山記念館、
旧桐生高等染織学校講堂などという
多くの文化財もあります。

2018年10月1日時点の
推計人口は109,850人で、
人口密度は400人/km2程度です。

市の人口は昭和後期頃から
減少してきている傾向にある
との情報がありました。

すでに進められている
そうですが、多くの文化財や
歴史的建造物を生かして
桐生市に来訪する人を
誘致できると良いのではとの
意見も有りました。





まとめ

今回は群馬県桐生市の
市長選に関する情報を
まとめていきました。

出馬者は60歳と36歳の方で
双方独自の戦略が
あることと思います。

子育て支援や企業誘致
などに関しては二方とも
重要視していく考えに
あるとのことですので、
計画が進められていくと考えられます。

市長に選ばれた方には、
多くの文化財を生かし
桐生市ならではの財産を
大切によりよいまちづくりのため
牽引してほしいですね。