町議会議員選挙

美浜町議会議員選挙結果2019の立候補者と開票速報|日程や情勢予想と投票率・当落情報


告示日が2019年2月5日、
投票日が2019年2月10日の
和歌山県美浜町議会議員選挙
立候補者や選挙結果についてまとめていきます。

また、当選者、落選者、投票率、選挙結果、
情勢予想、立候補者のプロフィール、
公約(マニフェスト)等がある場合は随時更新します。

和歌山県美浜町議会議員選挙2019

選挙情報
告示日 2019年2月5日
投票日 2019年2月10日
投票率
前回投票率 80.4%
当日有権者数
有効投票数
定員数:候補者数 10名:11名
選挙事由 任期満了
期日前投票
投票時間
投票期間
場所





立候補者・選挙結果

当落 候補者名 得票数
当選 高野 正
(男/68歳/現職/無所属)
321票
当選 谷 重幸
(男/36歳/現職/無所属)
861票
当選 碓井 啓介
(男/61歳/現職/共産党)
436票
当選 北村 龍二
(男/49歳/現職/無所属)
345票
当選 龍神 初美
(女/55歳/現職/無所属)
636票
当選 繁田 拓治
(男/70歳/現職/無所属)
315票
当選 鈴川 基次
(男/66歳/現職/無所属)
405票
当選 森本 敏弘
(男/60歳/現職/共産)
378票
落選 山崎 悦子
(女/67歳/新人/無所属)
234票
当選 谷 進介
(男/60歳/元職/無所属)
430票
当選 谷口 昇
(男/86歳/元職/無所属)
442票





和歌山県美浜町の人口や特色

平成31年2月現在の人口は、
7,243人であり、男女比は
このようになっています。

男性:3,366人
女性:3,877人
和歌山県の中部、
日高郡の西端に位置し、
紀伊水道に面しています。

和歌山県内では県内で
2番目に狭い町となります。

自然が豊かである町でもあり、
煙樹海岸周辺は県の自然公園と
しても指定されています。

西山ピクニック緑地や
煙樹海岸キャンプ場など
自然と触れ合う場所が
多くあり、癒しの場が
多い町でもあるようですね。

また海に面しているので
漁業も盛んであることが
知られており釜揚げしらすや
伊勢えび・あわびなど
新鮮な海の幸も楽しめるそうです。

自然が豊かな美浜町であるから
こそ楽しめる魅力が多々あるので
存分に活かしていけるように
活発化していけばいいですよね。





情勢予想

前回選挙の投票率は、80.4%でした。
前々回より2.35%減少しています。

定数10人に対し、12人が立候補し、
現職議員をおさえて新人の
谷氏がトップ当選しています。

1月中旬時点では、立候補者が9人で、
欠員1人の状況でしたが、告示までに
定数を超える立候補があったため、
町長選と同日選となりました。

今回は、定数10人に対し、11名立候補
しています。現職7人元職2人新人2人
で争う選挙となり、現職共産党中西氏の
後継として立候補した森本氏を除く
10人が無所属での出馬となっています。

当落ラインは300票前後と予想されます。

美浜町も例外ではなく、
高齢化が進んでいます。

また、若者の転出も多く、
就職や転職といった仕事関係が30%を
占めています。

町では、安定的な就業の場・機会
の創出を推進しています。

転入増加のために、空き家バンクや
休耕地バンクを創設し、移住者が
暮らしやすい環境づくりも
おこなっています。

まとめ

和歌山県美浜町特産の釜揚げしらすなど
の海産物や、紀州まりひめ苺
を、ふるさと納税のお礼品
として用意しており、町の特性
を生かした農業や漁業の活性化
をはかっています。

少子化問題については、
子育て支援として、第3子の
出産から補助金制度もあります。
津波などの災害対策として、
避難誘導システムアプリ
「みたチョ」を導入しています。

和歌山県美浜町の発展を推進するためにも、
住民との距離が近い関係を
築いていただける方に
当選していただきたいです。