市長選挙

敦賀市長選挙結果2019の立候補者と開票速報|日程や情勢予想と投票率・当落情報


告示日が2019年4月14日、
投票日が2019年4月21日の
福井県敦賀市長選挙
立候補者や選挙結果についてまとめていきます。

また、当選者、落選者、投票率、選挙結果、
情勢予想、立候補者のプロフィール、
公約(マニフェスト)等がある場合は随時更新します。

福井県敦賀市長選挙2019

選挙情報
告示日 2019年4月14日
投票日 2019年4月21日
投票率 -%
前回投票率 -%
有効投票数
定員数:候補者数 1名:2名
選挙事由 任期満了
期日前投票
投票時間
投票期間
場所
リンク

立候補者・選挙結果

当落 候補者名 得票数
渕上 隆信
(男/57歳/現市長/無所属)
-票
米澤 光治
(男/51歳/新人/無所属)
-票





前回の立候補者・選挙結果

当落 候補者名 得票数
当選 渕上 隆信
(男/54歳/新人/無所属)
18,540票
落選 中村 のりあき
(男/60歳/新人/無所属)
17,542票

渕上隆信氏のプロフィール

名前:渕上隆信(ふちかみたかのぶ)
性別:男
生年月日:1961年2月11日
年齢:57歳
出身地:佐賀県
職業:市長
党派:無所属

渕上隆信氏は、
1961年2月11日生まれ
佐賀県出身の福井県敦賀市長です。

佐賀県に生まれた後
父親の転勤により長崎県内の
小学校を4校、中学校を3校
通った後高校入学の際に
佐賀県へ転居されたそうです。

九州大学の理学部化学科を
卒業され、東洋紡績株式会社に
入社されたのだとか。

その後は若狭松下電器株式会社やら
株式会社新都計画コンサルタント、
興亜火災海上保険株式会社などに
勤務された後
行政書士・土地家屋調査士事務所を
開業されたり
有限会社渕上測量を設立し
取締役に就任、
敦賀市立粟野小学校の
PTA会長も務められた
経験があるそうです。

2007年には
敦賀市市議会選挙に初当選され
2015年より敦賀市の
市長として活動されています。

行政書士や土地家屋調査士、
宅地建物取引主任者や
高等学校理科の教諭一種免許まで
資格も取得されているそうです。





米澤光治氏のプロフィール

名前:米澤光治(よねざわこうじ)
性別:男
生年月日:1967年7月18日
年齢:51歳
出身地:福井県敦賀市
職業:政治家
党派:無所属

米澤光治氏は1967年7月18日
生まれの福井県敦賀市出身の
政治家で、敦賀市議会議員
として活動されています。

小学校から高校まで
福井県の学校に通われたのち
筑波大学を卒業、のちに
筑波大学院を修了 (理工学修士)
された経歴をお持ちです。

大学院修了後は大阪の
化学メーカーに就職、
平成5年には米国カリフォルニア大学
バークレー校の客員研究員を
経験されたそうです。

米国から敦賀市に帰郷されてからは
市内企業での就職を経て
政治家としての活動を
スタートされています。

市政の方向性と
庁内のマネジメント、
近隣市町とのコミュニケーションや
議会対応に重きを置いて
活動していきたいと
掲げられていました。





情勢予想

福井県南西部の敦賀湾に
面している敦賀市(つるがし)は、
原子力発電所が多くあるそうです。

人口は2018年6月時点
6万6000人程度です。

鮮魚店や水産加工のお店や
海鮮丼などが食べられる
飲食店が並ぶ巨大鮮魚市場
日本海さかな街など
美味しいお魚が頂ける
スポットが有名。

また、昆布の加工地としても
有名で、出汁昆布やおぼろ昆布、
とろろ昆布などに加工しているそう。

全国の80%以上を
敦賀市で生産しているのだとか。

海鮮や名産の昆布などを
生かして観光客を誘致するべきでは
との声もありました。





まとめ

今回は福井県敦賀市の
市長選に関する情報を
まとめていきました。

年齢的にも同じくらいの
御二方が立候補されていますが
当然互いに重きを置きたい
点は異なっているかと思いますので
市長に選ばれた方には、
福井県敦賀市の発展の為に
注力して欲しいですね。

名産品などを通して
敦賀市が更に注目を
集める都市となるかもしれません。