市長選挙

鳥栖市長選挙結果2019の立候補者と開票速報|日程や情勢予想と投票率・当落情報


告示日が2019年2月10日、
投票日が2019年2月17日の
佐賀県鳥栖市長選挙
立候補者や選挙結果についてまとめていきます。

また、当選者、落選者、投票率、選挙結果、
情勢予想、立候補者のプロフィール、
公約(マニフェスト)等がある場合は随時更新します。

佐賀県鳥栖市長選挙2019

選挙情報
告示日 2019年2月10日
投票日 2019年2月17日
投票率 -%
前回投票率 49.8%
有効投票数
定員数:候補者数 1名:2名
選挙事由 任期満了
期日前投票
投票時間
投票期間
場所
リンク

立候補者・選挙結果

当落 候補者名 得票数
当選 橋本 康志
(男/62歳/現市長/無所属)
12,744票
落選 槙原 聖二
(男/54歳/新人/無所属)
12,734票





前回の立候補者・選挙結果

当落 候補者名 得票数
当選 橋本 康志
(男/59歳/現市長/無所属)
16,424票
落選 中村 圭一
(男/45歳/新人/無所属)
10,239票
落選 古賀 ひでのり
(男/59歳/新人/無所属)
514票

橋本康志氏のプロフィール

名前:橋本康志(はしもとやすし)
性別:男
生年月日:1956年1月11日
年齢:62歳
出身地:佐賀県鳥栖市
職業:鳥栖市長
党派:無所属

橋本康志氏は、1956年1月11日
生まれの佐賀県鳥栖市長です。

佐賀県鳥栖市の出身で
鳥栖市立鳥栖中学校、
佐賀県立鳥栖高等学校と
鳥栖の学校をご卒業されています。

後に早稲田大学商学部を
ご卒業されたそうです。

大学卒業後は富士通に就職され、
主に国立大学病院のシステム開発を
システムエンジニアとして
担当されていたそう。

中央軒で代表取締役就任、
鳥栖コンベンション・シティー委員会理事、
鳥栖駅周辺開発協議会の事務局長など
様々な経験を重ねたのち
2007年に鳥栖市長に
就任されました。

国道3号線拡幅4車線化や
鳥栖駅周辺整備事業、
新産業集積エリア整備、
味坂スマートIC(仮称)周辺整備、
新市庁舎整備事業、
(仮称)健康スポーツセンター建設、
次期ごみ処理施設整備、
担い手育成・農業支援などに
現在取り組まれているとのことです。





槙原聖二氏のプロフィール

名前:槇原聖二(まきはらせいじ)
性別:男
生年月日:
年齢:54歳
出身地:不明
職業:元市職員
党派:無所属

鳥栖高等学校卒業後
福岡にある西南学院大を
ご卒業されているそうです。

1987年より市役所勤務で、
市民環境部次長兼環境対策課長
として活動されていて、
鳥栖市などのごみ処理のための
次期ごみ処理施設の建設を
担当されていたそうです。

道路整備やスポーツや文化施設の整備、
福祉の向上などに重きを置いて
活動していくことを公表
されているそうです。

「鳥栖にはいろいろと課題が多い。私の若さとスピード感、実行力で一つ一つの課題に向き合い、取り組んでいく」

との意気込みを発言されていたとの
情報がありました。





情勢予想

佐賀県の東端に位置する
鳥栖(とす)市は、
人口7.276万人ほどの都市です。

サガン鳥栖のホームタウンで、
JR鳥栖駅の東側には
駅前不動産スタジアムがあります。

東洋経済オンラインが実施する
「住みよさランキング」では
しばしば鳥栖市が上位に
ランクインしているそうで、
2010年にはは九州ブロックでは
1位、全国総合ランキングでは
なんと4位に選ばれたそうです。

福岡都市圏の通勤通学圏で
人口の約5%の方が福岡都市圏へ
通勤通学すると言われているのだとか。

お住まいの方は普段の買い物などでは
福岡方面に向かう方も
多いのだそうですよ。

鳥栖プレミアムアウトレットや
鳥栖ベリーフォレストなど
観光客が訪れるスポットも
いくつかあるようです。

在住者からは交通の便が良い
などとの声もあり、住みよさ
ランキングで上位にランクイン
しているのも頷けます。

今後さらなる発展が
期待されている都市でもあります。





まとめ

今回は佐賀県鳥栖市の
市長選に関する情報を
まとめて行きました!

現在市長を務められている方と
元市職員の方の一騎打ち
とのことですが、
お互い鳥栖市のよりよい
まちづくりのため
活躍されることと思います。

市長に選ばれた方には
鳥栖市の発展のために
注力して頂きたいですね。