町議会議員選挙

秩父別町議会議員選挙結果2019の立候補者と開票速報|日程や情勢予想と投票率・当落情報


告示日が2019年2月23日、
投票日が2019年2月28日の
北海道秩父別町議会議員選挙
立候補者や選挙結果についてまとめていきます。

また、当選者、落選者、投票率、選挙結果、
情勢予想、立候補者のプロフィール、
公約(マニフェスト)等がある場合は随時更新します。

北海道秩父別町議会議員選挙2019

選挙情報
告示日 2019年2月23日
投票日 2019年2月28日
投票率 -%
前回投票率 -%
有効投票数
定員数:候補者数 9名:9名
選挙事由 任期満了
期日前投票
投票時間
投票期間
場所
リンク

立候補者・選挙結果

当落 候補者名 得票数
土井 亨
(男/62歳/現職/無所属)
本村 修二
(男/60歳/現職/無所属)
寺迫 公裕
(男/63歳/現職/無所属)
畑田 寿
(男/65歳/現職/無所属)
早川 正剛
(男/80歳/現職/無所属)
柴田 素隆
(男/76歳/現職/無所属)
大野 敬
(男/70歳/現職/無所属)
藤岡 浩文
(男/65歳/現職/無所属)
岡崎 丈司
(男/60歳/現職/無所属)





北海道秩父別町の人口・特色

北海道秩父別町は、
人口およそ2420人の町です。

「ちっぷべつ」という日本語自体
あまり聞きなれない言葉ですが
元々は「通路のある川」という
意味のアイヌ語からきている
という説があるようです。

特産品は
トマトジュースのあかずきんちゃん
やお米が有名で農業が盛んな町です。

自然が豊かな町で
観光ではローズガーデン
ちっぷべつや百年記念塔、
行政が運営している
観光体験牧場の
めぇーめぇーランドなど
があります。

農業や酪農業が主な
主産業で特産品や温泉など
が秩父別町の売りでも
あると思います。

ふるさと納税でも
好評なのがちっぷべつの
お米で日本の米つくり
百選の地ともいわれています。





情勢予想

北海道秩父別町は
現在人口2420人の町です。

ただ歴史を追ってみると
一時期は7000人を超えている
時期もあり、半分以下までに
陥っています。

7000人を突破していた時期は
1950年代でその時期までは
人口も増加傾向にあったようですが
1960年代にかけて減少傾向にあり
そこから現在に至るまでも
人口減少傾向にあり深刻な問題です。

そういった経緯もあり、
行政でも今は
子育てするなら「ちっぷべつ」
というキャッチフレーズを
作り積極的に若年層を
誘致しようとしているそうです。

現在では70歳代の人が
突出して割合が多く、
30代の人口はその人口数に
対して極めて低いのが現状です。

また、子育て支援だけでなく
農業が盛んな特性を活かして
農業体験施設も設立し、
移住者を募集していたりも
します。

ポイントは若年層の移住と
極端に多い高齢者の安心、安全
であったりするかと思います。

今回の選挙で決まる町議会議員が
どういった形で現状の問題を
打破していくのかに
注目が集まります。





まとめ

北海道秩父別町は
現在典型的な少子高齢化の
問題が現状あるようです。

近隣の町も同じような状況の
町が多いようですが
この選挙をきっかけに
秩父別町が近隣都市にも
良い影響を与える成長が
できれば良いですよね。

地方に多くのチャンスが
あるという経営者も
いたりするので優良企業を
誘致とかできたりすると
町の注目度もアップしたり
するかもしれませんよね。

近年では堀江氏が
ロケット開発で北海道の
大樹町に施設を作ったりと
注目を浴びていたりします。

雇用を生むためにも注目度
上げる為にも有効的な方法かも
しれません。

2020年にはオリンピックも
開催されるので今がチャンスと
捉えて、秩父別町の転換期に
なるような選挙になるといいですよね。