町長選挙

東川町長選挙結果2019の立候補者と開票速報|日程や情勢予想と投票率・当落情報


告示日が2019年2月23日、
投票日が2019年2月28日の
北海道東川町長選挙
立候補者や選挙結果についてまとめていきます。

また、当選者、落選者、投票率、選挙結果、
情勢予想、立候補者のプロフィール、
公約(マニフェスト)等がある場合は随時更新します。

北海道東川町長選挙2019

選挙情報
告示日 2019年2月23日
投票日 2019年2月28日
投票率 -%
前回投票率 -%
有効投票数
定員数:候補者数 1名:1名
選挙事由 任期満了
期日前投票
投票時間
投票期間
場所
リンク

立候補者・選挙結果

当落 候補者名 得票数
当選 松岡 市郎
(男/67歳/現職/無所属)
無投票当選





前回の立候補者・選挙結果

当落 候補者名 得票数
当選 松岡 市郎
(男/64歳/現職/無所属)
無投票当選

松岡市郎氏のプロフィール

名前:松岡市郎(まつおかいちろう)
性別:男
生年月日:
年齢:67歳
出身地:不明
職業:不明
党派:無所属

松岡市郎氏は1972年に
東川町に奉職し、
農林課長補佐や社会教育課長、
税務課長の役職を経験されています。

2003年からは東川町長として
勤務されています。

東川町の忠別川の美味しい水や
澄んだ空気、肥沃な大地や
美しい景観、恵まれた資源などを
活用し、写真の町としての発展や
前例踏襲型から個性創造型の
行政へ転換を図り住民福祉の
向上に努めていると紹介されています。





情勢予想

北海道上川総合振興局に位置する
東川町(ひがしかわちょう)は、
総人口が8,313人で人口密度が
33.6人/km2と発表されています。

豊かな自然と農村地帯が広がり
アトリエ、ギャラリー、カフェ
なども充実しているそう。

冬にはゲレンデスキーも
楽しむことの出来る
寒い地域ならではの
スポットも充実しているとか。

また、冬だけでなく春には
新緑や美しい花、
秋には木々の美しい色付きなど
四季折々の風景も魅力だそうです。

特にスキーを楽しみたい方などが
多く訪れているとのことなので
ウインタースポーツは東川町の
発展に関係しているのでは
ないかと思います。





まとめ

今回は北海道東川町の
町長選挙について情報を
まとめていきました。

ゲレンデスキーや
美しい四季折々の自然、
ギャラリーやカフェなどで
楽しむことが出来るとされる
北海道東川町。

旭川市の中心部へは13km、
旭川空港へは7kmと
立地も良いそうなので
今後更に訪れる人が
増えるかもしれません。

町長に選ばれた方には東川町
発展のために注力して頂きたいですね。