知事選挙

徳島県知事選挙結果2019の立候補者と開票速報|日程や情勢予想と投票率・当落情報


告示日が2019年3月21日、
投票日が2019年4月7日の
徳島県知事選挙
立候補者や選挙結果についてまとめていきます。

また、当選者、落選者、投票率、選挙結果、
情勢予想、立候補者のプロフィール、
公約(マニフェスト)等がある場合は随時更新します。

徳島県知事選挙2019

選挙情報
告示日 2019年3月21日
投票日 2019年4月7日
投票率 -%
前回投票率 40.63%
有効投票数
定員数:候補者数 1名:3名
選挙事由 任期満了
期日前投票
投票時間
投票期間
場所
リンク





立候補者・選挙結果

当落 候補者名 得票数
飯泉 嘉門
(男/58歳/現職/無所属)
-票
岸本 泰治
(男/61歳/新人/無所属)
-票
天羽 篤
(男/68歳/新人/共産党)
-票

前回の立候補者・選挙結果

当落 候補者名 得票数
当選 飯泉 嘉門
(男/54歳/現職/無所属)
201,364票
落選 古田 美知代
(女/66歳/新人/共産党)
49,562票





飯泉嘉門氏のプロフィール

名前:飯泉嘉門(いいずみかもん)
性別:男
生年月日:1960年7月29日
年齢:58歳
出身地:大阪府池田市
職業:県知事
党派:無所属

飯泉嘉門氏は1960年7月29日
生まれ大阪府池田市出身の
徳島県知事です。

弓道や柔道の経験があり
ピアノも得意なのだとか。

国家公務員(自治省)、
徳島県商工労働部長として
勤務されていた経験があるそうです。

帝塚山学院中等部卒業後
私立灘高等学校に進学され、
大学は東京大学の法学部を
ご卒業されています。

全国から「徳島こそ」と言われる
県作りを目指しているそうです。





岸本泰治氏のプロフィール

名前:岸本泰治(きしもとたいじ)
性別:男
生年月日:1957年6月1日
年齢:61歳
出身地:徳島県
職業:県議会議員
党派:無所属

岸本泰治氏は1957年6月1日
生まれ徳島県出身の
徳島県議会議員です。

徳島市立高校を卒業後
同志社大学の経済学部に
進学、卒業されたのち
株式会社徳島そごうに
入社されています。

2007年に徳島県議会議員に
初当選されました。

不透明な発注や無駄遣いをなくし、
常に県民に顔を向けた温かい県政と、
地方創生を実現することを
目標として挙げられています。





天羽篤氏のプロフィール

名前:天羽篤(あもうあつし)
性別:男
生年月日:1957年
年齢:68歳
出身地:高知県
職業:共産党県議員相談室長
党派:無所属

天羽篤氏は高知県出身の
共産党県議員相談長です。

近畿大学の農学部を卒業されており
卒業後は旧農林省に入庁されました。

今回の立候補理由について
「今の県政は『vs東京』を掲げたり、
公共事業で地元の建設業者が
受注しにくいPFI(民間資金活用に
よる社会資本整備)の導入を進めたりと、
全く県民の方を向いていない。
知事を代える必要がある」
とコメントされているようです。





情勢予想

四国の東部に位置する徳島県は
人口736,475人、人口密度が
178人/km2です。

渦潮を見ることが出来ると有名な
鳴門海峡をはじめ、
陶板複製画の美術館である
大塚国際美術館や
大鳴戸橋などが主な
観光地として挙げられています。

特に大塚国際美術館は
開館当時展示スペースの広さが
日本最大で注目を集めていたそう。

大塚国際美術館の館内には
レストランやショップ、
カフェもあるそうなので
徳島県を訪れた際には
ぜひ行ってみたいですね。

美しい自然や観光地などが
話題なので、それらを活かし
更なる発展が期待されます。

まとめ

今回は徳島県知事選挙に
関する情報をまとめていきました。

鳴門海峡や有名な美術館などが
ある徳島県は観光スポットに加え
訪れた際には阿波踊りなども有名なので
季節に沿った楽しみ方ができるかもしれません。

そんな徳島県の発展を牽引する
ことになりますので、
知事に選ばれた方には
注力して頂きたいですね。