市議会議員選挙

川崎市議会議員選挙【宮前区】2019の立候補者と開票速報|日程や情勢予想と投票率・当落情報


告示日が2019年3月29日、
投票日が2019年4月7日の
川崎市議会議員選挙宮前区
立候補者や選挙結果についてまとめていきます。

また、当選者、落選者、投票率、選挙結果、
情勢予想、立候補者のプロフィール、
公約(マニフェスト)等がある場合は随時更新します。

川崎市議会議員選挙宮前区2019

選挙情報
告示日 2019年3月29日
投票日 2019年4月7日
投票率 -%
前回投票率 40.21%
有効投票数
定員数:候補者数 9名:12名
選挙事由 任期満了
期日前投票
投票時間
投票期間
場所
リンク

立候補者・選挙結果

当落 候補者名 得票数
藤永 忠
(男/49歳/新人/立憲)
-票
添田 勝
(男/40歳/現職/新川崎)
-票
山田 晴彦
(男/63歳/現職/公明)
-票
石田 康博
(男/47歳/現職/自民)
-票
石川 建二
(男/60歳/現職/共産)
-票
織田 勝久
(男/56歳/現職/立憲)
-票
浅野 文直
(男/47歳/現職/自民)
-票
田村 伸一郎
(男/52歳/現職/公明)
-票
矢沢 孝雄
(男/32歳/現職/自民)
-票
渡辺 あつ子
(女/65歳/現職/神奈川)
-票
小長井 哲也
(男/63歳/新人/希望)
-票
佐藤 純一
(男/29歳/新人/共産)
-票





神奈川県川崎市議会議員選挙宮前区の人口・特色

平成31年1月現在の人口は、
23万人を超えています。

広さは、18万㎢です。

だいたい新宿区と同じ大きさ
だそうです。

新宿区の人口は、34万人を
超えているので、宮前区の
ほうが、住みやすそうな印象
ですね。

川崎市の中では、2番目
に人口が多いようです。

宮前区にある漁業組合の
川崎北部市場水産仲卸協同組合は、
民間企業と共同で、「発酵熟成熟鮮魚」
の商品化をしたそうです。

熟鮮魚ときいても、パッと想像する
ことが難しいですが、評判は
いいようです。

同じところにある市場の
お寿司屋さんで
食べることができるようです。

通販もしているので、
行かなくても
試せるのがいいですね。

区の花となっているツツジは、
等覚院でたくさん植えられて
いるようで、ツツジ寺
との別名もあるようです。

4月末から5月初め頃に見ごろ
となります。

写真をみましたが、ツツジの花は、一色
ではなく、ピンクや赤、紫などあるようです。

情勢予想

前回の投票率は、40.21%でした。
定数9人に対し、
11人立候補していました。

今回の選挙は、現職議員は全員
立候補を予定しているようですが、
新人議員の勢力はどこまで
伸びるのでしょうか。

現職議員は、ホームページや
Twitterで自分の情報や、
政策を発信しています。

発信している情報をみていると
子育て環境に関する課題に
取り組んでいる方が多いようです。

ベッドタウンになっている
地区なので、子育て環境の充実
が、大きな課題なのでしょうか。

夫婦共働きの家庭も増えています
し、子育てするママたちの
ワンオペ問題もニュースで
よくみるようになりました。

そういった悩みを解消できるような
環境ができれば、長年安心して
住むことができそうです。

「新しい川崎の会」や
「神奈川ネットワーク運動」など、
地元に根差した会派や
地域政党があり、地元意識の
高い市政を目指しているようです。

まとめ

18歳から選挙権を持つようになり
10代の投票率が、市全体の投票率
と比較すると宮前区は特に高いです。

10代の若者が、政治や選挙に対する関心
が高いことは、いいですね。

20代30代になっても投票に行き続けて
ほしいです。

今の10代が30代になるころには、
投票率が今より増していてほしいです。

政治家を区民が遠く感じると
投票に行くのが億劫になるもの
ではないでしょうか。

そのためにも、区民の意見を
きいてくれる、地元愛のある
議員を投票で選びたいですね。