県議会議員

神奈川県議会議員選挙【横浜市鶴見区】2019の立候補者と開票速報|日程や情勢予想と投票率・当落情報


告示日が2019年3月29日、
投票日が2019年4月7日の
神奈川県議会議員選挙横浜市鶴見区
立候補者や選挙結果についてまとめていきます。

また、当選者、落選者、投票率、選挙結果、
情勢予想、立候補者のプロフィール、
公約(マニフェスト)等がある場合は随時更新します。

神奈川県議会議員選挙横浜市鶴見区2019

選挙情報
告示日 2019年3月29日
投票日 2019年4月7日
投票率 -%
前回投票率 4.91%
有効投票数
定員数:候補者数 3名:5名
選挙事由 任期満了
期日前投票
投票時間
投票期間
場所
リンク

立候補者・選挙結果

当落 候補者名 得票数
川崎 修平
(男/39歳/新人/自民)
-票
鈴木 秀志
(男/65歳/現職/公明)
-票
木佐木 忠昌
(男/34歳/現職/共産)
-票
爲谷 義隆
(男/45歳/新人/立憲)
-票
浅野 和男
(男/64歳/新人/希望)
-票





神奈川県横浜市鶴見区の人口・特色

海沿いに面した地区で、
東京都とへは、横浜ベイブリッジ
を使うことが多いようです。

人口は、29万人を超えている
大きな地区で、都心へ働きにでる
ベッドタウンとなっています。

アゴヒゲアザラシのタマちゃんが
出没したのもこの地区です。

三ツ池公園は、区内の大きな公園
で、区民祭りの開催地にもなって
います。

春は、1000本を超える桜で
お花見が楽しめます。この公園は、
「日本さくら名所100選」に選ばれて
います。

夏には、打ち上げ花火を目の前で
見ることができる「川まつり」を
開催するなど、行事がたくさんあり
区民が交流できるイベントが多く
あります。

香取慎吾さんや、アントニオ猪木さん
の出身地でもあります。

他にもたくさんの芸能人やスポーツ
選手がこの地区から輩出されています。

年始に行われる箱根駅伝では中継所が
設置されるので、
「こちら鶴見中継所です」のフレーズ
を聞いたことのある方も多いと思います。





情勢予想

前回の投票率は、39.66%でした。
定数の2倍の立候補があり、
現職をおさえて、新人2名が当選
しています。

現職議員は、政策の推進のために、
防災士を取得して、知識を活用して
いる方もいらっしゃいます。

民意を反映して、鶴見駅に
電車と線路の隙間で起きる事故を
防止するためのホームドア設置
することができたのも、政策や
議会での予算編成を議員が努力
した結果といえます。

こういった見えるかたちで
実行してくれている政治には、
関心をもちやすいですね。

何をしているのかわかりにくい
ようでは、政治に関心をもてません。

今回立候補する方には、
政策の訴えも見えるかたちで
区民にわかりやすく示してほしいです。

今回も前回同様に、定数3人です。
前回は2倍の候補者がいましたが、
今回はどうなるのでしょうか、
政党から1名ずつ候補を出すようですが
前回も新人の当選が目立って
いるので、今回も波乱がある
かもしれません。

投票権をお持ちの方は、
訴えている政策に賛同できる
議員に投票して、自分たちの
暮らす街をよくする人を
選んでいただきたいです。

まとめ

鶴見区は、場所によって
工場地帯や高級住宅街など
あり、点在するというよりは
かたまってあるようです。
これも特徴の一つですね。

40歳以下の投票率は、どの区でも
低い傾向にあります。

投票率が低いと、議員や政策は、
投票率の高い年齢層向けになって
しまうことが多いです。

高齢者への手厚いサービスが
行政でできていくのに、
子育て世帯には、あまりやさしくない
など、そういったことも投票率と
関係がないとは言えません。

期日前投票もできるので、
ぜひ、自分たちの年齢層にも
やさしい街になるよう投票を活用
してください。