県議会議員

神奈川県議会議員選挙【相模原市中央区】2019の立候補者と開票速報|日程や情勢予想と投票率・当落情報


告示日が2019年3月29日、
投票日が2019年4月7日の
神奈川県議会議員選挙相模原市中央区
立候補者や選挙結果についてまとめていきます。

また、当選者、落選者、投票率、選挙結果、
情勢予想、立候補者のプロフィール、
公約(マニフェスト)等がある場合は随時更新します。

神奈川県議会議員選挙相模原市中央区2019

選挙情報
告示日 2019年3月29日
投票日 2019年4月7日
投票率 -%
前回投票率 41.81%
有効投票数
定員数:候補者数 3名:5名
選挙事由





期日前投票
投票時間
投票期間
場所
リンク

立候補者・選挙結果

当落 候補者名 得票数
河本 文雄
(男/61歳/現職/自民)
-票
寺崎 雄介
(男/46歳/現職/立憲)
-票
佐々木 正行
(男/54歳/現職/公明)
-票
脇 礼子
(男/-歳/新人/立憲)
-票
古澤 慎悟
(男/43歳/新人/日本一)
-票





神奈川県相模原市中央区の人口や特色

平成31年1月現在の人口は、
約27万人です。

相模原市は、3つの行政区に
わかれています。

相模原市の区割りには長い歴史、
平成の大合併ともいわれています。

2010年に、現在の区となったそうです。

中央区には、市役所さくら通りがあり、
その桜の色から中央区のカラーを
「さくら色」とされたそうです。

区の名前を選考しているときに、
中央区ではなく、さくら区の案もでて
いたようです。

中央区には、緑の道といって、森林浴を
楽しめそうなスポットがあります。

森林は季節ごとにちがう雰囲気を
あじわうことができますね。

気になったのが、小山公園です。
スケートボードやBMX(競技用の自転車)
などを楽しめる設備があります。

ミニセグウェイやキックボードなどが、
遊べる場所は限られているので、
貴重な公園です。





情勢予想

前回の選挙では、定数3名に対し
4人が立候補していました。

結果は、現職議員が当選しています。

投票率は、46.79%でした。

なんと神奈川県議会議員選挙の
地区別でみると3番目に投票率が
高かったようです。

1番高かったのは、湯河原町でした。

中央区が誕生してからは、まだ数年
ですが、行政区になる前から住んで
いる方がたくさんおられます。

前回の選挙では、現職が当選して
いますので、今回立候補される新人は
地元に根付いた地域の声を神奈川県
で反映させていかなければなりません。

地元の応援がなければ、当選は難しい
かもしれません。

各政党1人の立候補が予想されますが
中央区は、前回自民党が圧勝しています。

当選には、2万票以上の獲得が
必須条件になりそうです。

まとめ

中央区のホームページを見ていると
「人とまち、宇宙をつなぐ中央区」
というフレーズがでてきたので、
最初は宇宙開発なのかと思ったのでが、
パンフレットを読むと、
『宇宙=果てしなく大きく広がる未来』
でした。

宇宙の広さを表現したのだと
わかりましたが、区民以外の方は
少しわかりにくいかもしれませんね。