市議会議員選挙

神戸市議会議員選挙【西区】2019の立候補者と開票速報|日程や情勢予想と投票率・当落情報


告示日が2019年3月29日、
投票日が2019年4月7日の
神戸市議会議員選挙西区
立候補者や選挙結果についてまとめていきます。

また、当選者、落選者、投票率、選挙結果、
情勢予想、立候補者のプロフィール、
公約(マニフェスト)等がある場合は随時更新します。

兵庫県神戸市議会議員選挙西区2019

選挙情報
告示日 2019年3月29日
投票日 2019年4月7日
投票率 -%
前回投票率 -%
有効投票数
定員数:候補者数 11名:12名
選挙事由 任期満了
期日前投票
投票時間
投票期間
場所
リンク

立候補者・選挙結果

当落 候補者名 得票数
高橋 稔枝
(女/58歳/現職/日本維)
-票
吉田 謙治
(男/-歳/現職/公明)
-票
岩田 嘉晃
(男/-歳/現職/無所属)
-票
黒田 武志
(男/-歳/現職/日本維)
-票
前島 浩一
(男/-歳/現職/無所属)
-票
藤本 浩二
(男/-歳/現職/公明)
-票
佐藤 公彦
(男/-歳/現職/自民)
-票
山口 由美
(女/-歳/現職/自民)
-票
坊池 正
(男/-歳/現職/自民)
-票
山下 展成
(男/-歳/現職/自民)
-票
林 政人
(男/-歳/現職/共産)
-票
加地 幸夫
(男/-歳/新人/立憲)
-票





兵庫県神戸市西区の人口・特色

平成31年1月現在の人口は、

24万1813人です。

人口分布では、20代が一番多いです。

神戸市の中で一番人口が
多いため、
議員定数も多いです。

面積も神戸市の3割程度あります。

人口増加の一因は、
阪神淡路大震災の後、

被災が大きかった地区からの
流入があったことのようです。

ニュータウンと農業地域が

混在してあるようで、農業地域の
年齢層は高くニュータウン地域の
平均年齢は低くなっているそうです。

意外なのが、JR西日本の駅が

ないのだそうです。

住民は、明石市の駅を利用して
いる
ようです。

西区には、
「神戸ワイナリー
農業公園」
があります。

ぶどう畑で育てている
生のぶどうを見れたり、
工場見学でワインの
製造工程を見学できます。

日本で、生ぶどうからワインの
製造を見学できる数少ない
ワイナリーです。

「兵庫楽農生活センター」では、

四季折々の農業体験があります。

農業も多い地域なので、
農業体験で次世代の担い手が

増えてくれるといいですね。





情勢予想

定数は、11人です。

前回の投票率は、39.38%でした。

他地区よりも少し低いですね。

若い世代が多いのが、
要因で
投票率が低くなっている
ので
あれば、若い世代が
聞きたくなる
ような、
政策や発信をしてほしいですね。

自民が4議席獲得していますね。

公明も2議席あります。

自公がつよい地区の選挙は、

安定しているイメージです。

自公の立候補者は、
後任などで
ないかぎり
入れ替わりが
ありません。

その分、有権者も意見を
言いやすいのでしょうか。

当選も数期にわたるので、
区や市の政治を任せやすいと
思っている方が多いのかもしれませんね。

西区の得票数をみると、
4000票が
ボーダーラインのようです。

無所属新人での当選は難しいようです。


前回1位当選した高橋氏は、

政務活動費を全額返還し、
議員報酬で活動していらっしゃるそうです。

いろいろな、活動があると思いますが、
議員報酬でできるのはすごいですね。

議員活動として、目にすることが多いのは、
駅前でマイク片手に話をしていたり、
地区のイベントに来ていたりするのは、
見かけますが全員の政務報告チラシをみる
ことが少ない気がします。

チラシが来る人は、いつも同じような気がしませんか?

まとめ

西区は、歴史のある街
でもあり新しい街でもあります。

国や県の指定文化財に
なっているお寺の庭園などもあります。

静かな住宅街のイメージですが
散策するといろいろ
発見できそうですね。

現職議員が軒並み当選しそうな
情勢ですが、波乱はあるのでしょうか。

若い世代に影響力のある
立候補者がでてきたら
どうなるかわからなくなりそうですね。