市長選挙

京都府長岡京市長選挙2019の立候補者と開票結果速報|情勢予想と投票率・期日前投票


告示日が2019年1月6日、
投票日が2019年1月13日の
京都府長岡京市長選挙
立候補者や選挙結果についてまとめていきます。

また、当選者、落選者、投票率、
情勢予想、立候補者のプロフィール、
公約(マニフェスト)等がある場合は随時更新します。

今回もまた現市長である
中小路市長が立候補されています。

京都府長岡京市長選挙2019

選挙情報
告示日 2019年1月6日(日)
投票日 2019年1月13日(日)
投票者数 23,887
投票率 36.04%
前回投票率 43.86%
定員数:候補者数 1名:2名
選挙事由 任期満了
期日前投票
投票時間 午前8時30分から午後8時まで
投票期間① 1月7日(月)から1月12日(土)
場所① 長岡京市役所 北棟4階 大会議室
投票期間② 1月11日(金)から1月12日(土)
場所② バンビオ1番館 1階 市民活動サポートセンターフロア

※投票期間と場所は2箇所あります。

立候補者・選挙結果

当落 候補者名 得票数
当選 中小路健吾
(男/45歳/市長/無所属)
18,508票
落選 堀川圭太
(男/41歳/共産党乙訓地区委員長/共産党)
4,969票

今回も継続で現職である中小路市長が
立候補されています。

前回の選挙で3名の立候補者の中から
2位と見事3422票近差をつけて
当選されていました。

全票数が27710票の中、半数近くの
13212票を獲得し、高い支持率が
あった中市長として職務を全うした
結果が今回ダイレクトに反映してくる
と思いますので注目が集まります。





中小路健吾氏のプロフィール

名前:中小路健吾(ナカコウジケンゴ)
性別:男
生年月日:1973年(昭和48年)
年齢:45歳(2018年12月31日現在)
出身地:京都府長岡京市
職業:市長
党派:無所属
出身校:同志社大学大学院総合政策科学研究科修士課程

中小路氏は、京都府長岡京市出身で
現在45歳の現長岡京市長の方です。

学歴は京都府立西乙訓高等学校、
その後同志社大学法学部政治学科、
そして同志社大学大学院総合政治科学
研究科修士課程を卒業しています。

大学、大学院と政治科、政策科学研究科を
選択していたところをみると、
学生時代から政治について高い意欲を持って
おられたことがよくわかりますね。

大学院修了後はいきなり民主党の
前原誠司の秘書を務め、2003年より
京都府議会議員選挙に出馬し
初当選したそうです。

その後は、11年にわたり京都府議会議員を
務め、その後は民主党京都府総支部連合会幹事長を
務め、民主党を離党し2015年に市長に
当選したそうです。

自己採点では85点ということで
3年間務め上げたその成果が実際に
国民の声としてどんな票数として
今回反映してくるか注目が集まります。

「長岡京を次のステージへ・・・」
という言葉を胸に自らも育ったこの街で、
学生時代からの政治活動への想いを、
次回は100%と言える成果を成し遂げる為にも
この選挙が運命の別れ道ともいえます。

堀川圭太

名前:堀川圭太(ホリカワケイタ)
性別:男
生年月日:
年齢:41歳
出身地:京都市南区
職業:共産党乙訓地区委員長
党派:共産党
出身校:洛陽工業高校(中退)
現在:共産党乙訓地区委員長

堀川氏は現在41歳の方で
学歴は、定時制の洛陽工業高校を
中退という経歴です。

洛陽工業高校在学中も昼間はお仕事、
夜に学校に通学していた苦労人です。

そういった苦労した経験もあってからか
スローガンには「まず、暮らし。」
と掲げ、ハコモノ事業より市民の暮らしを
守る施策に訴えていきたいと語っています。

現市長が行っている大型事業も
市民目線で見直していきたいという
ことでその具体的な方向性に注目が
集まります。

自身も市民として苦労した経験が
あるだけに市民の生の声に耳を傾けたい
という気持ちが強いのではないでしょうか、、

今回の選挙でその声が市民に届くのかが
注目です。

まとめ

中小路氏、堀川氏ともに
今までも長岡京市と深く関わる仕事を
してきた方です。

それゆえに、長岡京市に対する想いは
両者とも強いでしょう。

どちらが当選しても長岡京市にとっては
ポジティブな結果になるかと思います。

市民にとって良い結果になるように
願っていることは両者ろも同じ気持ちで
しょうが、その手段や考え方の違いが
どう国民の共感を得ていくのか
注目ですね。