町長選挙

長野県御代田町長選挙2019の立候補者と開票結果速報|日程や情勢予想と投票率・期日前投票


告示日が2019年2月12日、
投票日が2019年2月17日の
長野県御代田町長選挙
立候補者や選挙結果についてまとめていきます。

また、当選者、落選者、投票率、
情勢予想、立候補者のプロフィール、
公約(マニフェスト)等がある場合は随時更新します。

今回もまた現町長である
茂木町長が立候補されています。

長野県御代田町長選挙2019

選挙情報
告示日 2019年2月12日
投票日 2019年2月17日
投票率 -%
前回投票率 63.42%
定員数:候補者数 1名:2名
選挙事由 任期満了
期日前投票
投票時間 午前8時30分から午後8時まで
投票期間 平成31年2月13日(水)から平成31年2月16日(土)まで
・御代田町役場2階 会議室2

立候補者・選挙結果

当落 候補者名 得票数
落選 茂木 祐司
(男/61歳/現町長/無所属)
3,385票
当選 小園 拓志
(男/41歳/新人/無所属)
4,267票

今回も継続で現職である茂木町長
立候補されています。

前回の選挙では2名の立候補者の中から
2位と689票の差をつけて
当選されていました。

全票数が7569票の中、54%近くの
4129票を獲得しています。

茂木氏に至っては、前期の2007年度の
町長選挙から今期で4期連続で
出馬
されてます。

3期連続で町長ということで
選挙も無投票当選がなく
常に毎期候補者がいる中で
当選されてきた経緯をみると
町民からの厚い信頼が信頼が
あるのだと思います。

とはいえ、前期も大差での
当選ではなかったので
今回もどうなるかはわかりません。

今回は初の町長選挙になる
小園氏が立候補しているので
どういった選挙になるのかに
注目が集まります。





茂木 祐司氏のプロフィール

名前:茂木 祐司(もぎゆうじ)
性別:男
生年月日:不明
年齢:61歳(2018年1月19日現在)
出身地:不明
職業:町長
党派:無所属
出身校:不明

茂木氏は、
現在61歳の現御代田町長の方です。

学歴や生年月日などは
残念ながらわかりませんでした。

情報が入り次第、随時更新
していきます。

茂木町長は前回の3期の町政で
「豊かな自然環境の町」
「子育てしやすい町」
「健康で安心して暮らせる町」

の3本柱に子育て支援や介護など
そういったところで成果を
着実に上げてきました。

そこで4期は
「総仕上げ」と位置づけて
「挑戦」と「初心」という
キーワードを胸に取り組む
と語っていたそうです。

12年間という年月を
御代田町に注いでこられた
その集大成を、、
今までも全力を尽くして着実に
成果を上げてきた茂木市長の
4期目の選挙がどういった結果と
なるのかに注目が集まります。

script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”>



小園 拓志のプロフィール

名前:小園 拓志(こぞのひろし)
性別:男
生年月日:1977年
年齢:41歳
出身地:北海道日高町
職業:元北海道新聞記者
党派:無所属
出身校:東京大学法学部

小園氏は、
現在41歳の元北海道新聞記者の方です。

学歴は、名門の灘高校を卒業後、
東京大学に進学されているそうです。

その後は故郷である北海道に
移り住み、北海道新聞記者の
法務担当として務めていたそうです。

誰もが聞いたことがある
日本の高校で学力では
トップに君臨していると
いっても過言では灘高校出身で
東京大学法学部出身、、、

まさにエリート街道を歩まれてきた
イメージがありますね。

どういった経緯で
長野県御代田町に移り住む
ことになったのかまでは
わかりませんでした。

御代田町の住みやすさに
満足をしているものの
地域外の方々に理解されて
いない、
「宝の持ち腐れ」になって
いるところを感じているようです。

そこで町政を変えて
御代田町を今よりも
より良い方向に伸ばして
いきたいと考えているようです。

灘高校、東京大学、そして
北海道新聞と、、

兵庫、東京、北海道と
渡り歩いて様々な地域に
住んでみてきた経験があって
もっとよくできると感じている
ところもあったりするのでは
でしょうか、、

御代田町に新たな風を
吹かせてくれる素敵な町長に
なるかもしれませんね。

要注目です。





情勢予想

茂木氏は今回当選すると
4期連続の当選となります。

今回の選挙は
茂木氏にとってダイレクトに
市民の期待に答えられていたか
の声が得票数に表れてくる
選挙になるかと思います。

人口の推移を見ても
年々上昇傾向にあり、
1960年代が約8000人だったのに
対して現在は15000人

突破しています。

どこの市町村も人離れが
深刻だといわれていますが
人口分布でみると素晴らしい
発展ですよね。

若年層が人口が増加すると
やはり福祉など様々な
問や題を抱えていくことになる
かと思います。

そういったところで
どういった具体策を出して
町民の不安を消していくのかに
注目が集まります。

まとめ

茂木町長にとってもおそらく
集大成となりそうな4期連続の
当選がかかった大事の選挙に
なると思います。

小園氏のように様々な
地域で過ごしてきた高学歴で
色んな経験が豊富な市長に
なっても御代田町にとって
今までよりももっと良い方向に
向かっていくのではないかという
期待感もあります。

どちらが町長になったとしても
ポジティブな結果になるかとは
思いますが、どんな選挙に
なるのかに注目が集まります。