市議会議員選挙

福岡市議会議員選挙結果【中央区】2019の立候補者と開票速報|日程や情勢予想と投票率・期日前投票


告示日が2019年3月29日、
投票日が2019年4月7日の
福岡市議会議員選挙中央区
立候補者や選挙結果についてまとめていきます。

また、当選者、落選者、投票率、選挙結果、
情勢予想、立候補者のプロフィール、
公約(マニフェスト)等がある場合は随時更新します。

福岡市議会議員選挙中央区2019

選挙情報
告示日 2019年3月29日
投票日 2019年4月7日
投票率
前回投票率 40.81%
当日有権者数
有効投票数
定員数:候補者数 7名:9名
選挙事由 任期満了
期日前投票
投票時間
投票期間
場所





立候補者・選挙結果

当落 候補者名 得票数
小鴨 由水
(女/46歳/新人/無所属)
-票
堤田 寛
(男/57歳/現職/自民党)
-票
稲員 稔夫
(男/45歳/現職/自民党)
-票
中島 正裕
(男/57歳/現職/無所属)
-票
楠 正信
(男/64歳/現職/公明党)
-票
橋田 和義
(男/48歳/現職/無所属)
-票
星野 美恵子
(男/68歳/現職/無所属)
-票
田中 慎介
(男/40歳/現職/民主党)
-票
新開 崇司
(男/47歳/新人/日本維新)
-票

今回は新人が2名ですが、
新開崇司氏は、前回の
市議会議員選挙中央区にも
出馬していますが、落選しています。

また小鴨由水氏は、
元バルセロナ五輪の女子マラソン
に出場しており、29位だったといいます。

元女子マラソンの日本最高記録
保持者でもあるとのことで
現在は2児の母だそうです。

出身は兵庫県明石市ですが、
現在は、福岡市在住ということで
今回この選挙区で出馬しているようですね。





福岡市中央区の人口や特色

京都市の人口は、2019年1月時点で
158万2368人ということです。

ちなみに男女比が、女性の方が多いのが
特徴的ですね。

男性:74万7043人
女性:83万5325人

その中でも中央区の人口は、
19万9412人となっています。

こちらも男女比が女性のほうが
多くなっています。

男性:8万9076人
女性:11万336人

中央区は、福岡市では、
博多区と共に中心部にあたる区で
2010年から2015年までの人口増加率は
福岡市1位ということで人気の市なんですね。

中央区の北東部には、
九州最大の繁華街である天神や
大名・今泉・長浜・薬院などがあります。

また、福岡城跡地や
福岡ヤフオク!ドームなど
人が多く訪れるような施設もありますね。

このように大きな施設などが
多くある中央区ですから、
この市議会議員になることは
中々意義があることではないかと
思われます。





情勢予想

毎年人口が増加しているということは
魅力的な街だという証拠です。

そして人口が増えると
選挙区の定数も増えていきます。

それによって中央区の影響も
福岡市にとって大きくなってきますよね。

2015年の前回の選挙を見ると
定数7人に対して12名の
候補者がいました。

やはりこのような栄えている区では
候補者の数も多いですね。

2020年には
東京オリンピックがあります。

福岡の主要都市でもある
福岡市の中央区にも
多くの人が訪れると思われます。

どう盛り上げられるか、
どう収益を生み出せるか
どう知名度を上げるかなど
重要になってくるかと思われます。

まとめ

東京オリンピックでの成功を
目指すなら行動力のある
議員を選びたいですよね。

議員でも批判だけして
為にならない仕事を
している議員も多数いると思います。

そのような議員を選ばないためにも
このような選挙は重要ですので、
今回の選挙を重く見ている人も
多いと思われます。