市議会議員選挙

渋川市議会議員選挙結果2019の立候補者と開票速報|日程や情勢予想と投票率・期日前投票


告示日が2019年1月27日、
投票日が2019年2月3日の
渋川市議会議員選挙
立候補者や選挙結果についてまとめていきます。

また、当選者、落選者、投票率、選挙結果、
情勢予想、立候補者のプロフィール、
公約(マニフェスト)等がある場合は随時更新します。

渋川市議会議員選挙2019

選挙情報
告示日 2019年1月27日
投票日 2019年2月3日
投票率
前回投票率 54.78%
当日有権者数
有効投票数
定員数:候補者数 18名:20名
選挙事由 任期満了
期日前投票
投票時間
投票期間
場所

立候補者・選挙結果

当落 候補者名 得票数
当選 池田 祐輔
(男/38歳/現職/無所属)
1307票
当選 山崎 雄平
(男/70歳/現職/無所属)
1629票
当選 望月 昭治
(男/66歳/現職/無所属)
2173票
当選 須田 勝
(男/65歳/現職/無所属)
1781票
山内 崇仁
(男/53歳/現職/無所属)
-票
当選 加藤 幸子
(女/72歳/現職/共産)
1477票
当選 茂木 弘伸
(男/67歳/現職/無所属)
1781票
当選 中沢 広行
(男/56歳/現職/無所属)
1366票
落選 今成 信司
(男/58歳/現職/無所属)
1101票
当選 安力川 信之
(男/57歳/現職/公明)
2400票
当選 田辺 寛治
(男/67歳/現職/無所属)
1871票
山崎 正男
(男/71歳/現職/無所属)
-票
当選 細谷 浩
(男/62歳/現職/無所属)
2262票
当選 角田 喜和
(男/63歳/現職/共産)
1747票
当選 石倉 一夫
(男/76歳/現職/無所属)
1626票
当選 田中 猛夫
(男/63歳/新人/無所属)
2005票
当選 板倉 正和
(男/58歳/新人/無所属)
2287票
落選 猪熊 篤史
(男/49歳/元職/無所属)
1184票
当選 田村 なつ江
(女/58歳/新人/無所属)
1740票
当選 反町 英考
(男/51歳/新人/無所属)
1686票

今回の選挙は、
現市議会議員の方が
15名で新人が4名、
元職が1名です。

2015年の渋川市長選挙に
出馬していた、猪熊氏が
立候補しています。

猪熊氏は元々、
渋川市議会議員選挙に
出馬していた経緯があり、
2011年の選挙に当選しています。

今の市政を変えたい、
という強い気持ちがあるのだと
思います。

新人も4名立候補している為、
今回の注目が集まります。





渋川市の人口や特色

渋川市は現在75453人
都市です。

渋川市の全体の人口分布を
みてみると、一番多い人口は
60代の層で、20代前半から
30代にかけての人口数が極端に
低い特徴があります。

その歴史をみてみても
1970年度から1990年代まで
緩やかに人口が上昇傾向に
あったものの、1990年代後半
あたりから減少が続いている
ようです。

観光では、
伊香保温泉や水沢うどん、
湯の花まんじゅうなど
観光業が盛んと言われており、

「日本のまんなか水と緑と
いで湯の街」

といわれるキャッチフレーズの
通り、自然豊かで資源に様々な
恵まれた街といわれております。





情勢予想

人口分布から読み取れる
ことから言えば、
若年層の街離れが激しい
というところです。

20代になった瞬間に
人口数がかなり減っている
ので今後の地域の発展には
若年層の街離れを阻止する、
移り住みたいと思うような
街作りが大事なのかなと
思います。

その為、市でも地域おこし
協力隊を募集し、伊勢保温泉
などの恵まれた地域資源を
活かしながら魅力的な観光地域を
作っていこうという試みを
していたりと頑張っているそうです。

まずは人が
今よりも集まってくる魅力的な
都市でないと人口は増えず、
雇用も増えず地域の発展も
ないかと思います。

今後はどうやって
今よりもより魅力的な
都市に発展していけるか、

福祉などの待遇面なども
含めて若年層の街離れを
防ぐ政策であったりと
渋川市には多くの伸びしろ
がありますので今後の
市政に注目が集まります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今後の渋川市を担っていく
大切なな選挙です。

新たな若い候補者が
出てきたことへの期待感
であったり、

現職がそのまま15名出馬
ということもあって
今までの渋川市の
市政に対しての市民の
想いが結果として反映
される選挙になりそうです。

今後の渋川市の資源をどう
活かしていくか、高齢化が特に
進むこの渋川市をどう舵取りを
していくのかに注目が集まります。