市長選挙

美祢市長選挙結果2019の立候補者と開票速報|日程や情勢予想と投票率・期日前投票


告示日が2019年2月3日、
投票日が2019年2月10日の
山口県美祢市長選挙
立候補者や選挙結果についてまとめていきます。

また、当選者、落選者、投票率、選挙結果、
情勢予想、立候補者のプロフィール、
公約(マニフェスト)等がある場合は随時更新します。

山口県美祢市長選挙2019

選挙情報
告示日 2019年2月3日
投票日 2019年2月10日
投票率 -%
前回投票率 76.41%
当日有権者数
有効投票数
定員数:候補者数 1名:3名
選挙事由 任期満了
期日前投票
投票時間
投票期間
場所
リンク 美祢市

立候補者・選挙結果

当落 候補者名 得票数
落選 村田 弘司
(男/65歳/元職/無所属)
2,763票
当選 西岡 晃
(男/45歳/前職/無所属)
6,594票
落選 篠田 洋司
(男/55歳/新人/無所属)
6,045票





前回の立候補者・選挙結果

当落 候補者名 得票数
当選 西岡 晃
(男/42歳/新人/無所属)
8,624票
落選 村田 弘司
(男/63歳/現職/無所属)
7,858票

今回の選挙は、
西岡氏にとっては2回目と
なる市長選挙です。

前回の選挙では2期に渡って
市長を務めた村田氏を
766票の僅差で破り、
市長選初出馬、初当選
となりましたが、12月に
市民の信を問う形で辞職
されました。

今回は元市長の村田氏に
加え新たな候補者も
増えているので注目が集まります。

西岡 晃氏のプロフィール

名前:西岡 晃(にしおかあきら)
性別:男
生年月日:1973年12月27日
年齢:45歳
出身地:山口県美祢市豊田前町
職業:前市長
党派:無所属

西岡氏は、山口県美祢市
豊田前町出身で現在45歳の
前美祢市長の方です。

学歴以下です
・美祢市立豊田前小学校
・美祢市立豊田前中学校
・下関市立下関商業高等学校

卒業後は三菱樹脂に就職し、
サラリーマンとして働いていた
そうです。

その後は社会人経験を約11年間
積み、2003年4月に美祢市議会議員
に初当選したそうです。

4年後の美祢市議会議員にも
2期連続で当選し、その後の
新美祢市議会議員選挙でも
当選を果たし市民の信頼を
着実に積み上げてきた
経歴があります。

そして2016年4月に行われた
市長選で現職であった
村田氏を破り市長に就任
されたそうです。

長きに渡って市民と
信頼関係を築いてきた
西岡氏ですが今回は
一度辞任をし、
「出直し市長選挙に出馬し、
市民の信を問う」
という形で今回の選挙を
迎えることになります。

色々と騒動があり騒がれては
いますが市民を長きに渡って
想い続けてきた強い気持ち
があるはずです。

それだけに今回の選挙の
動向に注目が集まります。





篠田洋司氏のプロフィール

名前:篠田 洋司(しのだようじ)
性別:男
生年月日:1953年11月21日
年齢:55歳
出身地:美祢市大嶺町東分
職業:副市長
党派:無所属
リンク:篠田洋司後援会HP

篠田氏は山口県美祢市大嶺町
東分出身の現在55歳の方です。

学歴は以下です。
・美祢市立伊佐中学校
・山口県立大嶺高等学校
・京都産業大学経営学部

卒業後の経歴は以下
・美祢市役所入庁
・美祢市立病院事務長
・病院事業局経営管理課長兼務
・総合政策部次長
・市長統合戦略局長
・美祢市副市長就任

経歴や出身から見て
わかるように古くから
美祢市と深い関わりを持って
活動されてきた経験がある方です。

政策についても
子供たち、孫たちの未来のための
6つの実現というのを掲げており、
美祢市の将来を見据えた上で
具体的なプランを考えている
という印象です。

現在の美祢市の現状に
対して心配する声が多い中
信頼回復とこれからの
美祢市の未来を考えて
全力を尽くしたいという
気持ちであるそうです。

騒動があった中、
副市長というポジションの
立ち回りは色々と思う所が
あったかと思いますが
美祢市の為に自ら立ち上がって
良くしていきたいという
強い想いを感じます。

市政を副市長という立場で
見てきたからこその視点など
があるかと思いますので
どういった選挙になるか
注目です。





村田 弘司氏のプロフィール

名前:村田 弘司(むらたひろし)
性別:男
生年月日:1953年4月5日
年齢:65歳
出身地: 山口県美祢市於福町
職業:不明
党派:無所属

村田氏は山口県美祢市
於福町出身で現在65歳の方です。

学歴は以下です。
・美祢市立於福小学校
・美祢市立於福中学校
・山口県立大嶺高等学校
・明治大学農学部

卒業後は
美祢市役所に入庁し、
美祢市・美東町・秋芳町
合併協議会事務局長などを
歴任して2012年に美祢市長選挙
に出馬し、当選されたそうです。

大学時代はSF同好会に
所属し、小説も書いていた
そうで多彩なイメージ
もあります。

現在は
山口大学国際総合学部
国際交流コーディネーター
として学生に対して
今までの地方行政や国際交流で
培った経験を元に懇談会など
を開かれているそうです。

「生き残りをかけた
地方のチャレンジ」

というテーマでこれからの
山口県についてなども
話したりしているそうで
若年層へ山口県について
真剣に考える機会を
与えたりと熱がこもった
懇談会になっているそうです。

今回は3期連続での出馬で
前回は惜しくも落選になり
ましたが、この3年間で
色々と思うところも
あったと思います。

これからの美祢市の
サクセスストーリーを
どのように描いているか
注目が集まります。





情勢予想

美祢市は現在人口24,619人
の都市です。

1955年代には人口が
6万人を超えていた時代も
ありましたが年々減少し、
半分以下の人口になったそうです。

人口が増加した時代は
明治維新後に無煙石や石灰石
の産出で工業都市として
発展したそうです。

しかし、炭鉱が閉山して以降
人口は激減し、人口減少の
問題は深刻なものとなっている
そうです。

現在も一番少ない年齢層は
20代の層で多い層が60代と
いわれています。

若年層がどんどん
町離れしている
傾向があるようですね。

今後は若年層の人口を
増やす為に企業の誘致や
雇用の拡大、若者がチャレンジ
しやすい環境や、子育て支援
など若年層が街に残りたい、

移り住みたいと思えるような
街つくりをしていく必要が
あるかと思います。

また、高齢化も深刻な問題で
福祉の充実化なども課題に
上がるポイントかと思われます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今後の美祢市の情勢を
左右する大事な選挙に
なるかと思います。

以前のように活気ある
美祢市を取り戻す、
むしろ超えるくらいの
市政になっていけば
いいですよね。